日本肥満予防健康協会の講座や肥満治療薬服用やEMS

ダイエットが盛んです。
美容のため、あるいは健康のために、肥満治療に取り組んでいる人は少なくありません。
一般社団法人日本肥満予防健康協会では、肥満防止によって健康増進を図ろうとする団体です。
多くの団体と連携し、肥満防止のための啓発に意欲的に取り組んでいます。
日本肥満予防健康協会は、内臓脂肪が規定量を超えて蓄積し、それに高血糖や高血圧などの症状が集積したことで、動脈硬化を引き起こす危険性を以前から指摘してきました。
WHOがメタボリックスシンドロームの概念を発表するや否や、肥満予防健康管理士という資格制度の普及を目的に創立されたのです。
いまでは、日本肥満予防健康協会では、美肌食マイスターやダイエットアドバイザーなどといった資格講座をも開催するなど、さらに一歩進んだ活動を展開しています。
なお、肥満治療を薬で行おうとする手法もあります。
医療用の肥満治療薬は、医師による処方が必要なことは言うまでもありません。
肥満治療薬のメカニズムとしては、直接、摂食中枢に働きかけ、食欲を抑制する、というものです。
もちろん、肥満治療薬だけに頼らず、運動をうまく組み合わせることによって、効率良く減量することが可能です。
肥満治療薬の優れている点は、食べたい気持ちを抑えて食事量を減らすダイエット方法ではない、というところです。
食欲を我慢することでのフラストレーション発生がありませんので、ソフトな点が評価されています。
昨今は、EMSという運動法が注目を集めています。
EMS(Electrical Muscle Stimulation)というのは、電流を流して筋肉を鍛えるという運動メソッドです。
EMSによる筋肉収縮運動は、リラックスしながら長時間のトレーニングが可能であるという点で、好評を博しています。



ページトップへ